インプラント治療の進め方1
インプラントブリッジの例

 
        治療前      
img
ブリッジが壊れて、
上の前歯5本がない状態です。



前歯は見える所なので、とりあえず仮の部分入歯を入れます。場合によっては、固定式の仮歯を入れることもあります。   



img

模型上で、どういう感じの歯並びがいいか
検討します。



img

インプラントを埋入し、骨と完全にくっつくのを1~4ヶ月待ちます。この間は、仮の部分入歯または仮歯を使ってもらいます。(このケースでは、CT撮影の結果に基づき3本のインプラントをきれいに歯が並ぶ位置に埋入しました。)




img

自分の歯のように自然に見えるように、仮歯を使って歯や歯ぐきの形を調整します。また、食事や会話がうまくできるように慣らしていきます。



治療後
img

通常、治療開始から2~5ヶ月で、本歯が入ります。ただし、骨の量が不足していて骨を造る手術が必要な場合は、さらに仮歯の期間が長くなります。

このあと、定期的な健診により、クリーニングや咬み合わせの調整などを行います。


はぎの歯科・矯正歯科トップページへ



(C)はぎの歯科・矯正歯科
All Right Reserved.